前回「まぶたの上のシワ、気になりませんか?」の記事を書きましたが、
今回・次回は「まぶたのシワ・たるみ」について触れていきます。

40代以降のお客様を悩ませるのは「上まぶたのシワ・たるみ」。

「まぶたが下がってきたせいか前より目が小さくなった」
「まぶたのシワが増えてアイメイクがしづらくなってきた」
「最近眠たそうな顔になっている」
「頭をアップにしていないと目のたるみが気になって」

・・・と、目の下、目じりのシワやたるみの問題だけでなく
目の上も気になるわーというお悩みの声もよく聞きます。

まず「上まぶたのシワ」の原因は加齢や乾燥だけでなく、アイメイクのクレンジングのやり方も大きく関係しています。

アイラインとかマスカラ使っている場合、メイキャップリムバーとかを使ってコットンで目元のメイクを落とすと思うのですが、その時にかなり皮膚に負荷をかけてしまっているのですね。

コットン使って、グイーグイーと真横か真下に引っ張って落とすあの行為がシワシワまぶたを作り出していく。

コットンを使わずともアイメイクをしっかりされている場合は、目元を丹念にゴシゴシやることになるので、毎日相当な刺激を与えてしまいます。

目元の皮膚は非常に薄いです。足裏の皮膚の厚さが100だとすると、頬は10、目元は5という薄さなのです。だから刺激にとっても弱い。

私自身は、アイラインとかマスカラが大の苦手で、今まで数える程度しか使ったことがない(すぐパンダ目になってしまうので)ので、目元専用リムバーとか使ったことがありません。
その代わりに目を自由にいじれてしまうので、結構目をゴシゴシかいてしまう癖があります。花粉症の方も目をよくかきますよね。これも目のシワの原因になります。
アイテープやアイプチなどを使っている場合も、まぶたを頻繁に引っ張ることになるのでシワが増えますね。

上まぶたがシワになるということは、当然目じりや目下のシワも増えていきます。

これを改善するには目元のパックとか、目元専用美容液を使う、などが考えられますが、なかなか効果って目に見えにくいですよね。

あとは美容外科で注射打ってもらうとかになるのでしょうけど、それもなかなかお金も勇気もいることです。

次の記事で「上まぶたのたるみ」と「対策」について書いていきます。

選べる楽しみ♪オプション付きフェイシャル【リフトUPフェイシャル+OP 80分】 8000円

空席確認・予約する

↑Hotpepper Beautyのサイトに移動します