直観センサー

直観センサーを磨けばエンパス体質は改善できる Part1-6

オーロラ松戸 代表カウンセラー 千葉由起です。

「エンパス体質」初めて聞く言葉の方もいらっしゃるかもしれませんね。

「エンパス」とは「人から受ける気を感じやすい、もらいやすい」
一言でいうと「邪気を受けやすい」
ということです。

「直感センサー」が敏感に働いているからこそ感じるものなのですが、
邪気を受けてしまうとなると、非常につらいですよね。

 

エンパス体質の方は、人混みとか電車の中がとっても苦手です。
それだけではなく、1対1でも相手の気を感じ取ってしまって
それに影響されてしまうのです。

それが良い気であれば、こちらもいい気分になれるのですが
大抵は悪い気(邪気)にやられてしまうので、心も体もとっても疲れるのです。

目の前の人がイライラしていたら、自分のせいでイライラされているんじゃないかと
錯覚してしまうほどリアルにそのイライラ感を体で感じ取ってしまう。

ラッシュの通勤電車の中なんか、ほとんどの人がイライラ・カリカリしているので
エンパス体質の方には、もう居ても立ってもいられなくなるでしょう。

エンパスとまでいかなくても、そういうのを敏感に感じ取ってしまうってことって
多少は誰にでもあるのではないでしょうか。
周りの人の暗い雰囲気を肌で感じて
「嫌な空気だな」と自分までどんよりしてしまったりとか。

 

エンパスは、人との境界線が弱いので
人の感情なのか自分の感情なのかその境目がわからなくなり
わけもなく落ち込んだり、怒ったり、悲しんだり。
他の人に向けられた攻撃を自分に向けられたかのようにダメージを受けたり。

他の人の感情や気をスポンジのように吸ってしまうと
帰るころにはもうヘトヘト。リセットするのも一苦労です。
ひどくなると人混みを避けて生活しなければならず
行きたいところに行くことも、やりたいことも、できなくなってしまいます。

 

実は私もエンパス体質です。
生身の人間に影響されるだけでなく、幽霊や土地のエネルギーや生霊にも
やられっぱなしだったので、そりゃもう大変でした。
エンパスを通り越して霊媒体質でしたからね。

だけど今では、相手の邪気も環境にも影響を受けることは殆どなくなりました。
とっても楽に過ごせています。だから今では混雑しているところにいっても
不必要に影響を受けなくなりました。

なぜそうなれたと思います? 
それは「直感センサー」をきちんと使いこなせるようになったからです。

 

そもそも直感力は「自分を守ろう、生存させよう」とする本能的な部分です。
体と精神を守って生存させるために、直観という第六感が存在するのです。

「なんか嫌な予感がする!」
このような予感も直感と同じです。
まだ目の前に現れていないけれど、どこかで危険を察知して
自分の身を守るために予感するのです。

この、危険回避のためのサインは割と簡単にキャッチできます。
怖い危ないって感覚・感情は、誰でも体験経験が多く、体に残りやすい感覚だから
『また怖い思いをすることになるぞ!』ってサインは拾いやすいのです。

自分の中にある情報(感覚・感情)を元にセンサーが動くので
「恐れ・恐怖」にフォーカスをあわせていると、常にそればかり拾ってしまいます。

だからオバケ体質(エンパス)真っ盛りだった時の私は、
無意識に「恐れ・恐怖」に焦点をあわせていたから
そのことばかりを敏感に感じ取ってしまうようになっていたのです。

「直感センサー」をうまく使いこなせるようになると
相手が怒っているのを直感センサーでキャッチするのはエンパスと変わりないですが
その怒りがどこから来ているのか、どこに向かっているのか、なぜ怒っているのか
その理由がわかることもあれば、わからないとしても
「私には関係ない」とパッと切り返すことができるので、受けることがなくなるのです。

 

オバケを例にとってみましょう。

ネガティブセンサーが稼働中のとき
「肩が重いーー!!首が回らない!」 ⇒ 「ひぇーオバケに乗り移られた!」 ⇒ 除霊するのが大変

直観センサーが稼働中のとき
「ん!なんか嫌な予感」 ⇒ 「ここに入るのはやめよう」 ⇒ 難を逃れる

 

オバケの例はわかりづらかったですか・・・。
じゃ人間を例にしてみましょう。

 

ネガティブセンサーが稼働中のとき
「どよーん・・・何この悲しみは?」 ⇒ 「あーーイライラする」 ⇒ 「すごい疲れる」 ⇒ 周りに巻き込まれていく

直観センサーが稼働中のとき
「あの人悲しんでいる。嫌なことがあったんだな」 ⇒ 「あの人怒っている、距離を置こう」 ⇒ 巻き込まれずに済む

 

「直感センサー」で感じ取ったものは、客観的に捉えることができるので
無意識に受けることがなくなるのです。
感じることと受け取ることは別です。受け取るか受け取らないかは自分で決められます。

エンパス体質の方は、せっかく直感センサーが働いているにもかかわらず
ネガティブセンサーのほうが優位になりすぎていて、
不必要にあれこれ悪いものを拾いすぎてしまい、無意識に取り込んでしまっているのです。

 

守護のお守りやパワーストーンなどで邪気から身を守ろうとすることも
かえってネガティブセンサーを強化させてしまうこともあるので、
身に付けるなら自分を高める手助けをしてくれるものにするといいですね。

 

それより一番お手軽便利なのは、「直感センサー」をちゃんと使えるようになることです。
そうすればエンパス体質が改善されて、人と一緒にいるのが楽しくなりますよ。

目に見えない力「直感力・霊感力」は誰でも簡単に使えるようになる Part1-5

オーロラ松戸 代表カウンセラー 千葉由起です。

「直感センサー」を使いこなせると、「目に見えない力」=「霊感力」も使えるようになります。
「霊感力」っていうと、ずいぶん特殊なイメージがするかもしれませんね。

特別な人だけが持つ、不思議な能力。生まれ持った人だけが使える特別な力。
どこかにつながってメッセージを受け取る能力・・・など。そんなイメージでしょうか。

実際に私自身は、幼少期のころから「おばけ体質(霊感が強い)」だったもので
目に見えない世界をリアルに見て聞いて感じてきたわけですが、
だからと言ってその力を使いこなせていたわけでは全くなく
完全に振り回されて困っていました。

スピリチュアルなことを学ぶようになってから、自分や他の人のために
霊感力・直感力が使えるようになり、コントロールもできるようになったのです。

では、生まれ持った霊感力がないと、霊感も直感も使えないの?

そう思われるかもしれませんが、実は違うのです。誰でも持っている能力なのです。

「直観センサー=直観力・霊感力」は特別な能力ではなく
誰にでも簡単に身に付けることができます。

そんな素晴らしい能力があるのに、

・備わっていることに気づいていない
・目に見えない力を信じていない
・自分にできるとは思っていない
・使い方を知らない
・使えるようになりたいと思っていない

だけなんです。

あ、あとですね。よくあるのが

「直感とか霊感って、オバケとか怖いものも見たり感じたり
しちゃうんでしょう? それは怖いから嫌だなー」

と、言われる方がとても多いです。

確かに見えたり感じたりしちゃうのも「直感センサー」がなせる技なのですが
そこを怖がっていると、直感センサーを磨くことができません。

見たくないものは見えないようにコントロールできますし
見えたり感じてしまっても、それを対処する方法はいくらでもあるので
不必要に怖がらなくてもいいのです。

実際、周りにはいろんなものが飛び交っているんですよ。
どのシグナルをキャッチするのか、そこを間違えなければ拾わずに済むのです。

街中を歩いていれば、WIFIや携帯やテレビなどのいろんな電波が飛び交っていますし
土地の邪気や人の邪念や幽霊や集合意識など、ありとあらゆるものが存在しているわけです。

「直観センサー」が磨かれて精度が高くなってくると、
自分に役立つ情報だけを拾えるようになります。

「あ、この場所なんかよくない気がするからやめよう」
「お、ここはとても居心地がいいな」
「この場所にいるとパワーアップ(パワーダウン)するな」
「ここは私に合うな」

など、自分が心地よくいるために「直感センサー」が役立ってくれます。
それなら、直感センサーを磨くメリット大ありですよね!

だから、
自分も「直観力・霊感力」が既に備わっていて
訓練すれば使えるようになるんだ!コントロールもできるようになるんだ!
ってことを、まずは認めてくださいね。

そこを認めることはとっても重要です。

具体的な「直感センサーの磨き方」についてはPART2でお伝えしていきます。

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

あなたの人生がより豊かで幸せになるために。
オーロラ千葉由起が真心こめてサポートいたします。

愛と感謝を込めて。