Firefox Quantum 超激重だったのが超爆速になった!

明けましておめでとうございます。数カ月ぶりのブログ投稿です。

新年早々、どうしても書きたかったのはFirefox(Webブラウザ)について。

Firefoxが急に重くなった事件が解決したのでシェアします。

 

2017年11月末にFirefoxをアップデートしたのです。

処理能力が2倍になるというFirefox Quantum v57に。

そうしたら早くなるどころか劇的に遅くなってしまった。。。

画面左下に「データを転送しています」「TLSハンドシェイクを実行しています」

と出続けて一向に繋がらない。

1-2分程放っておくとようやく表示される、という超激重な状態で全く使い物になりませんでした。

 

それでネットで調べまくって片っ端から解消方法を試しました。

リフレッシュ、クリアインストール、アドオン消す、設定の見直し、再起動、etc

あらゆる方法を1か月間試しましたが全く改善せず。

「何としてでも私に仕事をさせない気か・・・・」と気分までも落ち込んでいました。

Google Choromeは問題なく使えるのですが、

長年Firefoxをメインで使ってきたので、せめて昔の速度に戻って欲しい。

 

諦めかけて他の代替ブラウザを探していたところ、初めて出てきたこの情報が我がFirefoxを救いました。

firefoxのサポートページ
「他のブラウザーではウェブサイトが表示されるのに Firefox では表示されない」

この中の

・プロキシFirefox の接続設定→プロキシを使用しない
・Firefox で IPv6 を無効にする
・DNS プリフェッチを無効

これを試したところ、超爆速に!!!!

 

多分これが一番の原因だったんだと思う。

Firefox – オプション – 一般 -の一番下のネットワークプロキシの初期設定が

「システムのプロキシ設定を利用する」になっていたので、

これを一番上の「プロキシを使用しない」にしたら、やたらと早くなりました。

本当に早いです。一瞬でシャッ!と表示されるようになりました。(感動)

今までの苦労は何だったんでしょう。

 

設定方法はこちらの「Firefoxの接続設定」を見て設定してください。

何をやってもダメだった~という方はぜひお試しを!

 

あーこれで2018年初から仕事が捗るわ!!

Posted on: 2018年1月3日