シータヒーリング『病気と障害コース』修了

ゴールデンウィークに、シータヒーリングの『病気と障害-ディジーズ&ディスオーダー』
セミナーを受講しました。
10日間で病気に関する知識とヒーリング方法、ハーブの情報などを習いました♪

このコースは一番受けてみたいと思っていたのに、どういうわけか一番後回しにしてしまいました。
病気というものと向き合うのが怖かったのかもしれません。
それと自分の中のコアな部分に向き合うのにも抵抗があったのかもしれません。
”病気と障害”を受けた人に感想を聞くと「今までの中で一番濃いよ~」って聞いていたもので
すっかりビビッていました。

で、セミナー修了の感想ですが・・・・

濃かったです o(^◇^;)o 本当に!
ディジーズでは遺伝的レベルでの問題が出ることが多いと
聞いていましたが、確かに多かったです。
私の場合は特に遺伝的に引き継いでいる思考パターンが多くて
それを置き換えようとすると、たまにご先祖様が抵抗したりするのです。
先祖に成り代わってその理由を探っていくと訳もなく泣けてきたり・・・。
そして思考パターンを建設的なものに変えてもらうと、
ダダダーッと細胞のエネルギーが一気に書き換わるのを実感できました。
遺伝子レベルのヒーリングってこういうことなのね~と
初めて体感することができました。

今回セミナー中に遠隔や対面でクライアントさんのリーディングの練習を数多く行いましたが
アナトミーの時に比べて、精度が高くなっていることに我ながらびっくりしました。
透視のスピード、見える範囲、情報量、具体性、ビジュアライズなどがかなりアップした感じ♪
やっぱり練習すればするほど上達するものですね!

病気というテーマを通じて10日間学んだことで
病気への偏見は大分クリアになりました。訳もなく恐れる理由がなくなりました。
それぞれの病気特有の思考パターンとその対処方法を知ることは、
シータヒーリングを行っていくうえでとても参考になると思いました。

病気が持つ思考パターンをクリアにしておけば、病気予防になるのではないかと思います。
なぜ病気になったのか。なぜ病気が治らないのか。なぜ病弱なのか。
これらを探ることは自分の人生そのものを知り、自分を大きく変える良いきっかけになるでしょう。

会社、学校、病院、家庭で気軽にヒーリングが受けられるようになれば最高ですね。

セミナー中は毎日やっていることは濃いのですが、アナトミーの時のように
ヘロヘロになったりドンヨリすることは少なかったです。

病気に関する仰天画像とか見せられてトリガーされるかと思いきやそうでも なかったり。
大人になったのか抵抗力がついたのか?
アナトミーの時は毎日トリガーされまくりでしたが^^;

深~いところでさっくり解放されて、その後は湯上りのようにサッパリと。そんな毎日でした。
インストラクターさんの場作りが良く、集まったメンバーに恵まれたのもあって、
かなりスムーズに重いテーマをこなすことができました。

今回のディジーズ&ディスオーダーのインストラクターはブランチ真理さんと高橋裕美さんから受けました。
このお二人のバランスが絶妙で、とっても楽しくて居心地の良いセミナーでした♪
しかもテキストの内容をばっちり網羅していただいたお陰で、難しい内容なのにしっかり知識が身につきました。
真理さん&裕美さんコンビのセミナーはお勧めですよ~!

Posted on: 2010年5月20日