バリ旅行記-3日目

2007年6月20日(水)  Waka Shorea Resort

dscf0239.jpg←お約束の天蓋付きお姫様ベッド

鳥や動物の鳴き声で夜明けとともに目覚めた。なんて清々しい!

森の中には十数棟のコテージがあるだけ。しかもこの広大な国立公園内には、宿泊者とホテルのスタッフしかいないし、道路もないので車やバイクもと通らず本当に静かです。
小鳥のハミング、木のざわめき、そして波の音・・・。
自然の中に身を委ねていると、どんどん体が癒されていくのがわかる~。

img_0143.JPG←だれもいない海

朝食後は海へGO!
ホテルからライフジャケットを借りて、自前の水中メガネをつけて海の中へ。
泳げない私はへっぴり腰になりながら、そっと顔を水中に潜らせてみました。

うわぁー、きれーーーーーーーーい!!

足がつく浅瀬でもたくさんの色とりどりのお魚が目の前にたくさん泳いでいて、
「お魚の宝石箱やぁ~」と大興奮!
大きく息を吸っては止め、顔を海に沈めて、お魚を観察する・・・。
子供のように夢中になって、ひたすらこれを何百回と繰り返しました。

img_0206.jpg←海でおおはしゃぎ

ビーチスタッフに「シュノーケリングしたら?沖はもっとキレイだよ」と言われたけど、足ヒレ付けて泳ぐのはやっぱり怖いので、浅瀬の素潜りを続行しました(^^ゞ
広いビーチにはたった2組のゲストしかいない。しかも日本人はいないので、こんな間抜けな行動をしていても全く恥ずかしくない。しかしまぁ、お尻を浮かせてバタ足している姿は、なんと滑稽だったでしょう。

dscf0222.JPG←量多すぎ!2倍はあるかも

ランチはベタなカルボナーラを注文。全食インドネシア料理を食すつもりが早くも挫折。
ちなみに奥のは相方の定番ナシゴレン。ランチにしてはヘビーだなぁと言いつつ海で腹ペコのせいかあっさり食べきりました。

img_0074.JPG←ピヨちゃんテラスでまどろみ中

あとは、ただただ部屋やビーチでまったりと過ごしました。
テレビもラジオもないので、風と波の音を聴きながら本を読んだり、絵を描いたり。
色鉛筆を持って来て正解。
普段は絵を描く暇なんてないので、こんなときにゆっくりと観察力を養うのも良いかもしれない。
あとはうたた寝をしたり、瞑想したり・・・。
何もしないこの贅沢な時間。これをするためにバリに来たようなもの。

夕方16時にはアフタヌーンティーサービスがプールサイドであり、毎日美味しい紅茶とケーキが無料で振舞われます。
昨日はバナナケーキで、今日はスィートポテトパイでした。こちらもかなりのボリュームでお腹いっぱい。しかも全く動かないので夕飯までお腹がポンポン。

dscf0227.JPG dscf0230.JPG

夕飯はヤングココナッツスープ、アヤムゴレン(鶏から揚げ)、ビーフンゴレンを相方とシェアする。どれもおいしかったけど、特にスープがカレー味のココナッツ風味(左の写真)は私の大好きな味。アフタヌーンティーでお腹が空かないと言いつつパンまで完食。

img_0242.jpg img_0101.jpg

ワカショレアの夜はとっても静か。聞こえるのは虫の声と、木々の音、そして波の音。
たまに「ブヒー(野豚)」、「キャッキャッ(猿)」、「クェッコー(イモリ)」の鳴き声がする。なんてワイルド。

夜空には満点の星空。月明かりに照らされた海がとても美しかった。

Posted on: 2007年6月20日